Mame Kurogouchi (マメクロゴウチ) 10周年の展覧会に長野県立美術館へ行ってきた【展覧会レポ】

最も尊敬するデザイナーのひとりである黒河内真衣子さんが手掛ける、日本をを代表するファッションブランド「マメクロゴウチ」の10周年を記念する展覧会『10 Mame Kurogouchi』展に行ってきたので遅ればせながら所感を書き留めておきたい。

本展覧会は、デザイナー黒河内さんの故郷、長野で2021年6月19日~8月15日に開催。

東京から新幹線に揺られること約1時間30分。案外すぐに着いた。

開催場所となった長野県立美術館は善光寺に隣接する城山公園内にあり、敷地内の噴水広場らしいところでは、子供たちが楽しそうに水浴びをしていてとても心が和んだ。

案内版(?)を見つけてテンションが上がりおさめた1枚 ▼

館内に入ると、こちらもまた、「マメクロゴウチ」のデザイナー黒河内真衣子さんがデザインを手掛けたシックで上品なユニフォームを纏ったスタッフの方々が迎えてくれ、早速チケットを購入した。

長野駅に降り立ってからこの時点で、興奮が既にピークに達していた。

展示ホールの入り口の垂れ幕まで、つい写真を撮ってしまう。

いざ、中に入る。

本展は、ブランドの軌跡を10個のキーワードとともに追ってゆく構成になっていた。キーワードは、「ノート」「曲線」「刺繍」「長野」「色」「クラフト」「私小説」「夢」「テクスチャー」「旅」ー 展示を見る前から、Mameと切っても切り離せないような、Mameらしいなと思うキーワードがいくつかある。

まず目の前に現れたのは、次の写真の3体の展示だった。左のくるみボタンが無数に施されたワンピースは、私がMameを好きになったきっかけと言っても過言ではないものであり、生で見られることこの上なく幸せだった(写真撮影は一部を除いてOKとのことで、感動を持ち帰って何度も見返せることに感謝感激)。

近くで見れば見るほど一流の縫製技術と、繊細さ、細部へのこだわりに圧倒される。

美しいドレープのワンピースたち。ー”女性の体には、直線がどこにもない” ーこだわり尽くされた曲線美には、身に纏うことで自信が持てるようにと、女性たちへの想いが表れている。

刺繍のキーワードの展示。一目で分かる、Mameらしいデザイン。斬新で大胆ながらも、繊細で上品な服たち

刺繍の指示書やデザイン画。こんなものまで見れていいのだろうか。感動しすぎて言葉が出ない。

作業のすべてが丁寧で、行き届いているのがよく分かる。

Mameの代名詞ともいえるクリアバッグたち。元々は長野の雪や氷から着想を得ていることを初めて知った。

製作当時のエピソードも合わせて、とてもよかった。

伝統工芸から着想を得たシリーズ。このニッティングを初めてコレクションで見た時は体に衝撃が走ったのを覚えている。遊び心というか、そこから展開する本気の遊びやこだわりが、見る人や着る人がワクワクするようなデザインを生み出し、そんな作品であふれていることが、Mameの魅力であると思う。

「旅」の中のメモ、これの12倍はあった。

内容がとても良い。気になったものを些細なことまで記録に残している。色彩を感じるものも多かった印象。

Mameといえば、こだわり抜かれたテキスタイル。「テクスチャー」の展示では、思わず触りたくなるような魅力的なテキスタイルのものが多かった。「触感」というところも、デザイナー黒河内さんを語る上でキーワードになってくると思う。

ヴィンテージ写真に架空の物語を当てはめ、その人物を元にデザインに起こしたコレクション。発想が面白いと思ったし、さらには架空の人物のキャラクターが結構作り込まれているのがとても丁寧で驚いた。

「夢」の展示はここだが、黒河内真衣子さんが書き連ねたノート(ノートのみ写真撮影不可)にはよく夢の話が出ていた。実際に夢もよく見るし、夢を見ているような感覚の時も多いようだ。Mameが持つ独特の世界観は夢心地とリンクするような気がして合点がいった。

いちばん書き残しておきたいのが、唯一撮影不可であった「ノート」の展示。

ブランド創設以前から、1シーズンに1冊書き続けているらしいこの「ノート」の中はまさに、黒河内真衣子の頭の中を覗いているような、とても貴重な体験であった。日記のようなものから夢の記述、ラフデザイン、写真、旅先でのデッサンや生地など、そこから360ページもの展示がされていた。

ノートを通して黒河内真衣子さんの人となりや、ブランドへの理解が深まる感覚があった。

最後に、このような素晴らしいデザイナーやブランドに出会えたこと、10周年という記念すべき時を展覧会という形でともに祝えたことをとても嬉しく思いました。

自分にとってもかなりのモチベーションになったし、これからのMameもとても楽しみです。

展覧会後に善光寺のかき氷屋さんで宇治氷をいただきました。美味しかった。

ご愛読ありがとうございました。

おすすめ記事

Follow Me!